活躍できる現場があります

高齢化社会に必要な仕事だから将来性あり

資格を活かした仕事を効率よく探す。非公開求人から介護求人を探す。ハローワークの介護求人を探す。これから資格取得を目指す。

あなたの「活かせる特性」「伸ばしたい技術」に適したお仕事がみつかります

都道府県から検索

就職・転職に有利!福祉系資格

高齢化の進む日本では介護系の仕事は、今後さらなる需要の高まりが見込まれます。それに伴い、介護職に欠かせない福祉系の資格は将来性のある資格のひとつに数えられています。

福祉関連の資格で代表的なのが、ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、介護支援専門員(ケアマネージャー) 、社会福祉士などです。

無資格でもOKな福祉系求人もありますが、専門的な知識を得られるこれらの資格を持っていると、就職、転職の際の大きな強みとなります。

介護職の実情とやりがい

団塊の世代が徐々に被介護者となり、高齢化に拍車がかかっている現代、将来的にも超高齢化社会が予想され、介護サービスを必要とされるケースは右肩上がりになる事は必須です。

老人ホームや介護事業所などでは人手がまだまだ足りないとされ、さらに大手企業も介護サービス業へ参入していることから、今後も介護従事者の需要の増加が見込まれます。

このような実情から、介護士は将来的に安定した職業と言えます。

しかし、現実として介護職は体力、気力を消耗するハードワークの割に平均給与は20万円前後と給与水準が低いという問題点が挙げられます。

激務に伴わない給与はモチベーションが保ちにくく離職率の高さの原因にもなっています。

介護士の待遇問題は、国でも議論されていますが、劇的な改善とまではいかないのが現状です。いずれ来る超高齢化社会に対応するための課題として今後も真剣に取り組まなければなりません。

社会的ニーズはあるものの激務&薄給と言われている介護職ですが、資格を取得する方や、異職種からの転職組も増えています。就職難の中、需要があり、手に職を持つ事ができると言う点以外でも介護士には他の仕事にはない多くの魅力があります。

介護士を目指したり、続けている人は、人とかかわる事が好きで、「人の役に立ちたい」「困っている人を助けたい」と言う思いがあると思います。それが根底にある以上、「人のためになること」ができ、感謝の言葉をもらえることは最高の喜びと言えるでしょう。

介護に従事していると、毎日少なからず得るものがあります。つい先日までできなかった事ができるようになったり、努力が実を結ぶ日もあれば、ミスに落ち込んだり、理不尽な事に腹を立てたりもするでしょう。

しかし、どんなに辛いことが重なっても、相手の「ありがとう」の一言や、笑顔に支えられて頑張れる方も多いのです。